国際感染症センター 3つのミッション

国立国際医療研究センター 国際感染症センターは次のミッションを通じて、国内外の感染症の予防と管理、市民や社会の危機管理に貢献しています。

 

●感染症の診療

  総合感染症科

●渡航者の健康支援

  トラベルクリニック

●医療機関における感染管理・アウトブレイク対応支援

  IRS(Infectious Disease Response Services)

 

●薬剤耐性菌の発生や蔓延の防止、対策のモニタリングと評価

  AMR臨床リファレンスセンター

●安全安心の予防接種のための情報提供・教育

  予防接種支援センター

●国内外の感染症の情報収集、コミュニケーション

  国際感染症対策室 

 

【上記以外の活動】

熱帯病治療薬研究班のオーファンドラッグ中央保管機関となっています。

http://www.nettai.org/

 

文部科学省 感染症研究国際ネットワーク推進プログラム J-GRID
「ベトナムにおける新興呼吸器感染症に関する研究」

http://www.crnid.riken.jp/jgrid/

  

国際的な渡航関連感染症のデータベース、ネットワークである

Geosentinel のJapan Siteに指定・登録されています  

http://www.istm.org/geosentinel/main.html

 

WHOの協力センター 

個人や社会をおよびやかす新興感染症に対して、その発生を予防すること、迅速な対応を開始・支援を通じてWHOの活動をサポートします。

http://dcc.ncgm.go.jp/activity/WHOCC/index.html 

 

GOARN ネットワークへの参加・協力

世界各地で起こる感染症の危機に際して、求められる人材を派遣します。

http://www.who.int/ihr/alert_and_response/

 

国立研究開発法人 国立国際医療研究センター
国際感染症センター 国際感染症対策室
〒162-8655 東京都新宿区戸山1-21-1
TEL:03-3202-7181(代)

日々の取り組み
ドクターによる感染情報動画