ラッサ熱(Lassa Fever)

ラッサ熱とは

1969年ナイジェリア北東部ラッサ村で出血熱疾患患者が発生し把握されたウイルスです。西アフリカおよび中央アフリカ共和国などでたびたび局地的流行がみらます。

 

参考 流行している地域(米国CDC地図)

 

年間30万人程度の感染者発生していると推計されています。

感染しても全員が重症になるわけではありませんが、重症化して死亡するリスクもある感染症のひとつです。

非流行地域では、流行地で感染した人が潜伏期間中に移動・帰国して診断される「輸入感染例」となります。

欧米諸国で複数報告されており、日本でも1987年にシエラレオネからの帰国者が発症し、1類感染症として報告されています。

 

参考 危険な市中感染症と向き合って ―ラッサ熱・HIV感染症・炭疽・SARS・狂犬病対応から学んだことー 

感染経路と予防

もともとウイルスをもっているのは特定のネズミで、ネズミの糞尿や唾液を飛まつとして吸い込んだり直接接触することが感染リスクです。原因となるようなネズミがいるところに食べ物などを保管しないこと、よく食べ物を洗うことが重要です。

先進国では、流行地から帰国した患者さんの診療に当たる際に、血液や体液と接触をしないようにする標準予防策が感染対策として重要です。

 

診断と治療

渡航歴や症状からラッサ熱をうたがった場合は、専門医療機関や保健所に相談をしましょう。

ラッサ熱の治療として、リバビリンが使用されています。

ラッサ熱をうたがう症例では、他の感染症の検討も必要になりますので、個室に隔離をして対応しましょう(標準予防策+接触予防策)。

参考情報:先進国で診断された輸入症例としてのラッサ熱の例

 

2016年 スウェーデンの症例

2016年 ドイツの症例

2016年 米国の症例

2010年 米国の症例

2009年 英国の症例

2004年 米国の症例

2003年 ドイツの症例

1976年 米国の症例

国立研究開発法人 国立国際医療研究センター
国際感染症センター 国際感染症対策室
〒162-8655 東京都新宿区戸山1-21-1
TEL:03-3202-7181(代)

日々の取り組み
ドクターによる感染情報動画
USTREAM 毎週火曜日19:00~配信