感染防護具

感染症の診療や対策に関わる人は、職業安全としても、必ず個人防御具について学ぶ必要があります。

職場の労働衛生の責任者は、設備や物品、教育について現場スタッフのニーズを考えながらその学習を支援しましょう。

 

2015年2月20日公開  NEW!

PPEについての新しい資料です

(暫定版)エボラ出血熱に対する個人防護具 20150220.pdf
PDFファイル 152.0 KB


 

 

PPE説明<各社・各団体が公開している教育コンテンツのリンク>

 

日本環境感染学会 教育ツール

http://www.kankyokansen.org/other/edu_pdf/3_pdf_all-1p.pdf

 

職業感染制御研究会 

http://www.safety.jrgoicp.org/

 

日本感染症学会 院内感染対策 Q&A

http://www.kansensho.or.jp/sisetunai/index.html

 


国立研究開発法人 国立国際医療研究センター
国際感染症センター 国際感染症対策室
〒162-8655 東京都新宿区戸山1-21-1
TEL:03-3202-7181(代)

日々の取り組み
ドクターによる感染情報動画
USTREAM 毎週火曜日19:00~配信